SPONSORED LINKS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2015.03.12 Thursday | | - |

このブログにおけるドーピングの話題について

こういう問題が持ち上がるたびに
ちょこっとづつ思いを綴ってみましたが、
ここでちょっとまとめてみますね。



基本的にこのブログで
ドーピング問題について私から言及はしません。


理由は以下に。

日本のマスコミがドーピング問題があるたびに記事にするから。普段のレースはそこまで記事にしないのに。そんな記事ばかりだったらますます自転車レースはドーピングまみれという印象を一般人に植え付けかねないじゃん…。さらに、その記事を見たブロガーやレースファンまでドーピング問題を自分のブログやサイトにアップしてること。実は私も以前はそうでした。悲しいね、なんて言いながらド−ピングをネタに記事書いてしまったことも…。でもさ、これってマスコミと同じ効果あるよね?一般の人に『うわ〜自転車レースってそんななん?』って思わせちゃうよね?これに自分で気付いた時には心底まいっちゃったよ。
それから、自分が本当に応援してる選手(ヴィノクロフ)の時に気付かされたんですが、その選手を応援してるファンは、そんな記事を読むのも見るのも辛いわけですよ。ただでさえ落ち込んでるところにそんな記事ばかり目についちゃったら、選手だけならともかく、なぜ応援してるファンまでこんなに迫害されなくちゃならないんだろう?って思ったんだよね〜。とにかく辛かった。自分がこんなに辛いんだから、きっと同じように選手を応援していたファンの人も辛いんだろうな、と思ったら…書けなくなりました。

だから書きません。
でも書かないからといってドーピング問題から
目をそらしてるわけじゃないし。
ただ、ブログには書きたくないだけなんです。



ドーピングをなくす働きかけ。
もし、私みたいな1ファンができることといったら、
それはレースを見続ける、応援し続けることだろうなと思います。

ドーピング問題のたびにスポンサーが離れてしまうのは
ファンがそんな事に嫌気がさして見なくなるからなんじゃ…?
だとしたらスポンサーさんが離れてしまうのもしょうがないよね。
でも、ファンが諦めずに応援し続ければスポンサーさんも
それなら!と支援しつづけてくれるかもしれないし。
そうしたら資金も余裕ができて選手も成績成績と追いつめられず、
また変な誘いにも動じなくなるんじゃないかと思うんです。
…かなり楽観的だな、とは思うのですが(笑)

批判・束縛・管理・制裁なんて方法よりも、
応援・寛容・自由・見守る、な〜んて方法で
この問題がどうにかならないか?なんて楽観主義の私は考えます。

今はいろいろあるけど、数年後には良い状況になってることを願って。


あ、それからこの問題は人それぞれいろんな意見がありますから、
上の文章も私個人の考えですので、そのあたりご理解くださいね。
| ドーピング問題について | 2008.07.16 Wednesday | 14:57 | comments(12) |
| 1/1 PAGES |