SPONSORED LINKS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2015.03.12 Thursday | | - |

ツールこぼれ話2

滞在中、苦労したことの一つにレストランでの注文というものがありました。フランス語ですよ。わかるわけない。もちろんメニューも読めない。サラダとスープとピザを注文したら、スープだけで腹一杯の量だったりするし。事前に『誰でもわかるフランス語』本を手に入れたものの、ろくすっぽ読みもせずに来ているものだからダメダメですよ。がしかし、かろうじて英語はたどたどしいながらも相手も理解してくれるようで、主に注文は英語でしました。たしかフランス人は気位が高いのでフランス語以外は話さないなんて、どこかで誰かが書いてましたが、滞在中に接した人々はみなさん英語でも必死にこちらの言うことに答えてくれましたよ。怪しい私のフランス語もちょっとは使えたんだけどなぁ(笑)
| 2005 France | 2005.08.17 Wednesday | 12:30 | comments(8) |

ツールこぼれ話1

パリゴールの前日。パリに向けて高速道路を走行中、途中でパーキングに寄ったのですが、そこで自転車でここまで自走してきたらしきジイさんが。どうやらここでヒッチハイクしている模様。いきなり、バスの側で座り込んでいたウチら夫婦に話しかけてきた。
「明日のシャンゼリゼに間に合うように、パリまで乗せてってくんない?」あぁぁ、うちら観光バスなんですけど、と言うと「バス?全然オッケーだよ。自転車ぐらい乗るだろ?」と、車内を覗き込み始める始末。それでもダメですからぁ〜と丁寧にお断り。諦めたジイさんはそのまま通り過ぎるトラックなどに向かってヒッチポーズ。でもことごとく振られてるっぽい。そのジイさんを気にしつつ、我々もパリに向けて出発。
翌日、選手達の宿泊しているホテルで浮かれ気味にロビーを歩き回っていると、例のジイさんがっ!あぁ、無事にパリまで来れたんだね。よかった。ちゃっかり選手の出待ちしてる姿に思わず笑ってしまった。
| 2005 France | 2005.08.12 Friday | 14:48 | comments(3) |

ツールこぼれ話など



↑第16ステージの補給ポイント付近にいた牛。ツールの風景ですね。
とりあえずツアー中のことも書いてしまったわけですが、これで終わりと思ったら大間違いですよ。まだ第13ステージからのテレビ観戦レポは残っているわけです。現地では一瞬しか見ないから、ステージの全貌は分からないわけです。それを再放送を見ながらレポートしてしまおうかと。はっはっは。まだまだフランスの夏は続きますよ。
とりあえずレポート開始するステージまでは、ツアー中の出来事などをポロポロと書いていきます。おもしろいことがいっぱいありすぎて、忘れないようにブログっておかないと!

でも今ちょうど再放送してる第9ステージがもぅ!結末を知ってても、このステージはおもしろかったなぁ〜。この時はまさかラスムッセンが総合に絡める選手だとは思いもしなかったっけ。
| 2005 France | 2005.08.11 Thursday | 13:55 | comments(2) |

パリにて延泊

ゴールの翌日。本来のツアーだと、ゴール観戦後すぐ日本に向けて出発だったのですが、それではあまりにもったいないということで、我々は1日パリで延泊することに。
延泊した午前中は自転車でパリ市内を観光というツアーに申し込み、パリの裏通りを通ってルーブル美術館(中庭まで自転車で乗り込んだ。一般観光客らしき日本人が不思議そうに見てたなぁ)、セーヌ川のほとり、ルイ13世の建物などなど見てまわりました。観光終了後は一緒に参加していた日本の方(ツール観光の仲間)とタイ料理を食べました。店員さんと言葉がまったく通じないのに、なぜか雰囲気で理解できたのが不思議。こうやってツールの話をしながら大人数で食べるのって楽しいなぁ〜。

そうそう。前日のホテルでの話。他のツアー参加者(ダンナさん)の方々と○○選手が来た!見た!と盛り上がっているところに、ちょうど通りかかったどう見ても普通の一般観光客(憧れのパリ8日間、みたいなのに参加してそうな…笑)のオバサマが割り込んできて、「有名人?だれがおるん?」みたいに聞いてきたので、ラスムッセンがいるんですよ、さっきはジャラベールがいました、と答えるダンナ。「……?…は、はぁ〜…?」さすがにラスムッセンは分からないだろう普通(笑)

| 2005 France | 2005.08.10 Wednesday | 12:25 | comments(5) |

フランス滞在中 第21ステージ(ゴール)

今年のツールもいよいよゴール。我々はシャンゼリゼよりもコンコルド広場寄りで観戦。斜め前には遊園地が。ものすごいスピードで観覧車が回ってるんですけど大丈夫なんでしょうか。(この観覧車、おまけにティーカップのように個別に横にも回る。見ているだけで酔いそうだ)選手が来るまで約6時間。すでに人がいっぱい!我々は場所取りを諦め、優雅にパリのカフェでケーキなど食べておりましたよ。山岳のように選手と近い位置で応援できないステージはどうも萌えない。萎え〜。

パリゴールの最後は周回コースなので、少なくとも目の前を8回は見れる。選手が回ってくるたびに少しずつ戦況が変わっていくのが楽しかった。とはいえ、一瞬ですべての選手を見なきゃならんので、細かい情報は土産物屋の軒先に置いてあるテレビでチェック。最後のパレードまで見ずに、うちらはホテルまで歩いて帰りました。お腹が空いたので(笑)

ツアーで宿泊しているホテルというのが、なんとほとんどの選手が宿泊しているホテルの隣!当然、我々がホテルに到着するころは、選手達もホテルに戻ってきている最中。ここでバッソ、ウルリッヒ、ラスムッセン、ヒンカピー、サボルデッリ、マキュアンなどなど、超豪華メンバーと超至近距離で観察できますたっ!特にサインが欲しいわけではなかったので、近くでボーッと突っ立って見てました。ファンと選手でごった返すホテルのロビーで、私服に着替えたマキュアンがほとんどバレることなく歩き回っていたのに笑った。またまた思わず「ロビー!」と呼びかけると「ハァイ!」と振り向くマキュアンにファンサービスの大切さを教えてもらった気がしまフ。

そういえばリアイタしたエフデジュのマンジャンもいました。顔の傷もほとんどわからなかったので安心。クレーデンとのバトルで一躍時の人となったラボバンクのウェーニングも得意顔でインタビューに答えていたっけな。
| 2005 France | 2005.08.09 Tuesday | 14:43 | comments(12) |

フランス滞在中 第20ステージ

いよいよツアーもツールも大詰め。シャンゼリゼ前日の個人タイムトライアル。バッソ、ウルリッヒ、ランスの走りを目に焼き付けて…おきたいところでしたが、明日のゴールに向けて約600キロ移動せねばならず、全体の半分ぐらいが出走したところでパリに向けて出発。ぐぉ〜残念。
今回はスタート地点&ゴール地点とほぼ一緒なので、歩き回りながら両地点で観戦。例によってチームカーなどが集っているところに赴くも、やっぱりここも柵がある。夢の国パスがない我々は羨ましく眺めるだけ。それでもファッサボルトロの旗やサングラス、ランスのLive Strongを手に入れてご機嫌。
ここでふと夢の国に目をやると…なんと同じツアー参加者の方が何名か混ざって入っているではないかっ!監視員の目を盗んで柵越えをしたらしいのだが。妙なところで弱気な我々はただボーゼンと眺めておりました。うぅ〜ん、羨ましい。


↓タイムトライアルのスタート地点。
| 2005 France | 2005.08.08 Monday | 14:28 | comments(2) |

フランス滞在中 第19ステージ

夢の国パスポート拝見今日のステージは念願のスタート地点で観戦。出走前にサイン台に上がる選手などをゆっくり間近で見ることができるらしいのだ!まずは選手村から(関係者もしくは招待客しか入れない夢のようなブースがある。一般人は柵にはばまれ入ることは基本的に許されない)のんびり出てきてサイン台に向かう選手達。こんなに近くで見れるなんてすげぇ!しかも突然現れたりするので、うかうかできない。リポーターになったヴィランクまで拝めた。少し離れた場所にマキュアン発見。思わず「ロビー!ロビー!」と連呼の我々。にわかファン参上。ここでツアー参加者の方がランス、ウルリッヒ等からサインを貰えたそうな。すごっ!

夢の国パスポートは、主にプレス関係の方々が首からさげてました。パスにはアイコンがいくつか表示されていて、例えば電話のアイコンだったら(だったかな?)、この人はプレスセンターで電話が使えますよ、という表示だったり。なかなか凝ってる。


↓美しいガルゼッリ、ファンサービス旺盛なモロー、やっぱりでかいカルペツ。
| 2005 France | 2005.08.05 Friday | 11:25 | comments(3) |

フランス滞在中 第18ステージ

ツール標識をゲット?前日で体力を消耗しすぎた我々は、この日最後の2級山岳の手前で観戦することに。距離が短いとはいえ平均勾配が10%って…ありえない!ちなみに名前が『ローラン・ジャラベール峠』というそうですよ(そーいや昨日の日記でも登場したな…笑)。彼が現役時代、ものすごいスピードで駆け上ったことから、その名がつけられたそうな。
んでっ!ついに2度目。テレビに映りましたよっ。先頭集団が目の前を過ぎてから待つこと20分。総合争いの選手達がやってきたっ!気合いを入れて黄色い布を体に巻いて応援!すごい豪華メンバーと1枚の写真におさまることができて幸せ。家宝にしよう。おまけにこのシーンがテレビに…。嬉しすぎ!

ちなみに選手が全員ゴールした後は、コース上に設置してあるツール標識を取ってもいいらしいので、早速手頃な大きさの矢印をはずそうとするダンナ。しかしなかなかはずれず、それでも粘っていると、標識の裏にあるカフェにいた男の人から何か道具を渡される。これではずせということらしい。それでもダメで、次に別の人が食事用のナイフを手渡してくれる。が、残念なことにそれでもダメ。諦めてバスに向かうところで別のツアー参加者の方からツール標識をいただく!ありがとう!

↓ズバリこの場面がテレビに!ランス、バッソ、ウルリッヒ、ラスムッセン、ヴィノクロフ!

| 2005 France | 2005.08.04 Thursday | 14:36 | comments(11) |

フランス滞在中 第17ステージ

ローラン・ジャラベール似このツアー中、もっとも過酷だった観戦がこのステージ。ゴール手前50m付近で観戦していたのですが、なんと選手が来る6時間前から場所取り。おまけに雲一つないカンカン照り。も〜〜〜だるかった!少しでも場所を動こうもんなら外人さんがグイグイ割り込んでくるから日陰にも行けないし(泣)あんまりだるいんで、実は良く中継を見ていませんでした。がっくり。
ただ、ゴール観戦の特典として、キャラバン隊から帽子をたくさんもらえる、選手が来るまでに様々な催し物がある、チームのオフィシャルショップがある、などがあるので見逃せない。
旅行中、ツアーに一緒に参加していた人達に「ジャジャ(ローラン・ジャラベール)に似てるって言われません?」と、何人かに声をかけられるダンナ。えぇ〜?そんなこと今まで言われたことない……って、ジャジャを知ってる人間が周囲にいなかっただけか。


↓ゴール手前からは中継モニターが良く見える。
| 2005 France | 2005.08.03 Wednesday | 13:12 | comments(7) |

フランス滞在中 第16ステージ

ディスカバリーのサコッシュゲット!このステージの観戦地点は超級山岳の前の補給ポイント。ここでの一番の目的はやはりチームのサコッシュゲット。そのためには選手が補給食を受け取ってから袋を投げ捨てる距離を考えて位置取りをしなければ。ウチら夫婦が目をつけたのは、補給開始〜終了地点から数百メートルの地点。ここなら何かゲットできるかも。
…それにしても暑い。炎天下の下、数時間もじっと待つというのは、やっぱりキツイ。なので日陰でパンを食べたり、テキサスから来たというオジサン達と話したり(英語なので勿論ダンナ担当で)、道路にチームジャージのスポンサー「正屋」文字を書いたりして、気長に待つことに。

で。待ちに待った選手が来ました!補給ポイントの時点ですでに何人か逃げている模様。いざサコッシュを、と選手を見つめるものの、すでに袋はなし。ガーン!もう少し手前で捨てたのかっ?うちらの見込み違いかっ?少々がっかり気味のところを、なんとテレビカメラに撮られてました(笑)しかも、栗村監督のコメント付きで!
「あ、いま日本人の方がいましたねー」
う〜ん、一瞬しか映らなかったのだが、やはり自分と似た顔(私だ)は見逃さないのだろうか。

がっくりしつつも、もう少し粘ってみようとプロトンを待つ。ここでまさか、ディスカバリーのサコッシュをゲットできるとは思ってもみませんでした…。選手が投げたサコッシュを車道に向かってダイビングキャッチするダンナ。こんな凄い男と私はケッコンしたのか。普通そんなことしたら死ぬぞ。後ろからバイク来てなくて本当にラッキーだったな(汗)


↓これがディスカバリーのサコッシュだ!しかも中身入り!
 気になる中身はダイビングキャッチした本人のページでどうぞ。
| 2005 France | 2005.08.02 Tuesday | 17:31 | comments(4) |
| 1/2 PAGES | >>