SPONSORED LINKS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2015.03.12 Thursday | | - |

Stage21:バッソついにジロ初制覇!!!!!

イヴァン・バッソ完璧だったバッソ&CSCの勝利。すごい!バッソ強い!大きな声で祝福しま〜す。おっと、拍手もつけてね。とにかくバッソは終始強かった。成績に奢る事なく謙虚で、容姿とは裏腹の地味でマジメな感じも、今までとは違うタイプのヒーローですね。
や、でも表彰台でシモーニさんと並んだ時の微妙な緊張感がなんとも(笑)見ているこちらがハラハラしてしまった。ベッティーニやガラーテもきちんとジャージ獲得していたので安心。最後の最後で転んでしまい、ゴールスプリントに加われなかったミルラムに、またしても涙。個人的に敢闘賞をチームにおくりたい。
| 2006 Giro d'Italia | 2006.05.29 Monday | 13:05 | comments(15) |

Stage19・20:ガラーテ番長の勝利&高速サヴォルデッリ

ちょいと仕事で19ステージのイラストは描けませんでしたが、中継は見てましたよ。フォイクトにゴールを譲られた番長、何度も後ろを振り返って確認、そして感謝しながらのゴール。苦労が報われてよかった番長。フォイクトも良いヤツだ!で、20ステージ。こちらは勝利を譲らなかったとしてシモーニさんがバッソに文句言いとか。だから微妙なんだって、こういうところが。力があるだけじゃ勝たせてもらえない厳しい世界。加えてこういう精神的ダメージね。今更だけどランスの力と精神は超人的だったんだなーって。この人も心配そうに見てますよ。
高速ダウンヒラー、サヴォルデッリ。すんげぇぇ速ぇぇ!この人の下りは見物ということでバイクカメラも必死でカメラにおさめようとしてますが、バイクでこのスピードは怖すぎるっ!
| 2006 Giro d'Italia | 2006.05.28 Sunday | 18:37 | comments(4) |

Stage18:シューマッハーも2勝目!&リバティセグロス問題

先頭の5人、良かったですね〜。多少のお見合いはあったものの、「オレが行くぜ!」と血気盛んな人達ばかりだったので楽しかったです。最後の最後で実力の勝利、シューマッハーが行った時には私も思わずガッツポーズ。実にさわやかな展開でした。
その反面、突然のリバティセグロスの監督逮捕&リバティのスポンサー撤退で、現在行われているレースに暗い影が。まさに、今、リアルタイムで頑張っている選手や関係者はどんな気持ちでいるだろうか、とか、頑張ってるあの人はどうなるんだろう?とか、とか。…いろいろ思うところはありますが、まずは目の前で展開されているレースを純粋に楽しもう!
| 2006 Giro d'Italia | 2006.05.26 Friday | 13:33 | comments(3) |

Stage17:ピエポリ2勝目!バッソは余裕を残して2位

リース監督とランス・アームストロング強すぎるバッソ。やはり産みの親と育ての親が化け物尋常ではなかったということか。バッソの活躍に二人の親も大喜びに違いない。
どこのチームもエースよりアシストの方が調子がいいようですね。ピエポリしかりペッリゾッティしかり、ランプレもアシストが元気そうですし。それならそれでもいいです。とにかく、レースを盛り上げるためにも打倒バッソの勢いですよ。こういう言い方すると誤解を招きそうですが、バッソは好きですよ。ただ、それ以上におもしろいレースが好きなだけなんで。そこんとこよろしく。
| 2006 Giro d'Italia | 2006.05.25 Thursday | 12:38 | comments(0) |

Stage16:バッソ山頂ゴールを制す!シモーニ無念の2位

バッソ、いつからこんなに強くなったんだろう?たしか去年のツールん時はもっと苦しそうな表情してたのに。今回のジロでは険しい山岳も(ほとんどダンシングすることもなく)涼しい顔でスイスイ登っちゃうし。もうこれは、本物ってことですか。
そんな敵無しのバッソに、昨日はシモーニさんがいい戦いを挑んでくれました。エース同士の一騎打ち!これですよ、これが見たかったんですよっ!結果よりも見ている観客をドキドキさせて欲しいレース内容が続いていただけに、このシモーニさんの走りにはひさびさ熱くなりました。ピエポリのアシストにもしびれた!
そんな感動に浸りつつ、この兄妹のギャップに萌えてみる。
(兄=マジメで地味、妹=化粧が濃くて派手)
| 2006 Giro d'Italia | 2006.05.24 Wednesday | 12:51 | comments(11) |

Stage15:ベッティーニ念願の初勝利!&栗村伝説

今度こそ勝った、はずだよね?ゴール直後に横のポラックを確認して控えめに喜ぶ金メット氏。この人は感情が顔に表れやすいのでおもしろい。しかし私のツボは、ドリンクを運ぶウルリッヒの手慣れていないアシスト姿だったりする。
平坦ステージということでゴールまで大きな動きもなく、退屈なステージになるかと思いきや!我らワールド全開で類を見ないおもしろさに(笑)「栗村伝説(命名:サッシャ氏)」が相当おもしろかった。今まで栗村監督は自らの過去をあまり話さなかったですもんね?住宅地でステージレース、マイフレンドアタック(僕のもっとも得意とするところ)、昔はハッキリモノを言う子でした(今は言ってないんですか?)、などなど。
| 2006 Giro d'Italia | 2006.05.23 Tuesday | 11:07 | comments(5) |

Stage14:頑張るコンチネンタルプロのチェラミカ・パナリア

セッレイタリアといい、チェラミカ・パナリアといい、コンチネンタルプロの頑張りが今回のジロをおもしろくしている?かもしれない。ゴール前の駆け引きは毎度のことながら「なぜお見合いをするんだぁ!」状態でしたが。「お前ら行け!行かんかいっ!」ある意味、熱く応援できるので好きです(笑)
さて。そろそろどうにかしないとまずいと思うのですよ。総合争いのみなさん。いや、すでに争いに加われてない?みなさん。ディルーカあたり(この言い回しは白戸氏のマネ)が音頭をとって、共同戦線を張っていくとか…。例の2人が協力するかどうかは微妙ですが(笑)この会議にサヴォルデッリは呼ばれなさげなイメージ。難しい子ですから(?)
| 2006 Giro d'Italia | 2006.05.22 Monday | 12:34 | comments(0) |

Stage13:冷たい小雨の中、ピエポリ勝利。バッソ余裕の2位

ただでさえ山岳、おまけに雨で寒いし滑りそうで怖い、このステージは波乱の予感だった、のに。終わってみればライバル達は勝手にちぎれてバッソ余裕のゴール。う〜ん、つまらん。誰を応援とかじゃなく、レースをおもしろく見たいだけなんですけど。本格的な山岳はこれからという時にこれじゃあなぁ〜。
13ステージは未出走(リタイア)のマキュアンと、何ステージか前にリタイアしたフィリップ・ジルベールは次のレースに向けてのリタイアだったんですかね。暴れん坊同士、仲良くベルギーでテレビ観戦してたりして。
| 2006 Giro d'Italia | 2006.05.21 Sunday | 17:19 | comments(0) |

Stage12:セッラとモーリが共倒れ!オラク勝利!

セッラとモーリ、同じ二人が2度の落車。それまでうとうとしていたのが一度目の落車で一気に目が覚めましたよ。ななななんと、ジャパンカップにも来ていたモーリがぁ!おまけに、この日の逃げグループで一番頑張っていたセッラが巻き込まれるなんて!2度目の落車の時にはラスムッセンのTTを思い出しましたよ…。あぁこれがロードレース!非情だなぁ。落車する前までは二人でイタリア人同士、ドリンク分け合ったりして、力をあわせて逃げてたんですけど。ゴール後はどんな感じだったんだろう?お互いに健闘を称えあって…欲しいな。
| 2006 Giro d'Italia | 2006.05.20 Saturday | 19:32 | comments(2) |

Stage11:個人TT、ヤン・ウルリッヒがトップタイム!

ヤン・ウルリッヒとギロおっ、ウルリッヒが一人だけ58分台!さすがやねぇ。あの体型でもこんなに走れちゃうんだなぁ。バッソも勿論すごいけど、ウルリッヒはトレーニング目的でこの結果。ツールが楽しみです!表彰台にあがってきたウルリッヒ。なんか不思議な感じやな〜ステージ優勝って、、、、あら?もしかして私、ウルリッヒがステージ優勝する姿を初めて見るかも。いやまて、ステージ優勝だけじゃないぞ。ツールの最終日以外、表彰台で見た事がないっ!2004年以前のレースは興味を持ってみてなかったので、覚えてないだけかもしれませんが。グランツール以外のレースも去年の後半から見始めたぐらいですし。うわーそれでこんなに新鮮なのか。

みのさん、いつもトラバありがとうございま〜す。
ジロ・デ・イタリア2006/第11ステージ
| 2006 Giro d'Italia | 2006.05.19 Friday | 12:33 | comments(12) |
| 1/2 PAGES | >>