SPONSORED LINKS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2015.03.12 Thursday | | - |

2005年の終わりに

今年は例年になく濃い1年でした。
濃いエキス満載の事件を列挙してみると…

(1)ツールドフランス観戦に行った
(2)その現地で面識のない人(オフでは)に写真を撮られた挙げ句、栗村修&ジャジャというヒントだけで私だと確信される(笑)
(3)ジャパンカップの時に別の別府さんがサインしたものを本物だと言い張ってS氏にお土産として渡したまさにその当日、本物の別府選手にばったり遭遇してしまい、その場に居合わせたいたずら張本人のI姉さんが肝を冷やしたという…(笑)
(4)こっそりやってるこのブログが、なぜか地方スポーツ紙の記者さんに見つけられ、スポーツ新にカラーで紹介され…。

細かい事件はまだいっぱいあるのですが、一番の事件は観戦ツアーですね。やはり。
それと、このブログを始めたことが観戦に次いで大きかったです。
周囲の人間にはわからないネタも、ここで吐き出すことができたし。
来年もチマチマと運営していきますので、よろしくお願いしま〜す。
| 2005 Article | 2005.12.31 Saturday | 18:35 | comments(6) |

アームストロングきっぱり

ランス・アームストロングと別府史之アームストロングきっぱり「もう2度とツール・ド・フランスに顔を見せない」らしいですね。もーなんですかね、これは。子供の喧嘩ですか?(笑)こういうとき日本では「喧嘩両成敗」として処理しますよね?越前どの。それにしてもこの喧嘩は長引きますな。来年のツールに参加するディスカバリーチームにまで遺恨が残らなければ良いのですが…。そうそう、UCIプロツアーから抜けたグランツールの独自路線も気になりますが、これは詳しい内容が発表されてからネタにしようっと。ネタといえば…
【こんな◯◯は嫌だ!シリーズ】
ペタッキきっぱり「もう2度とジロには出場しない」
……冗談に聞こえないか(笑)
ウルリッヒきっぱり「もう2度とリバウンドはしない」
……そうであって欲しい。
ブラマーティきっぱり「もう2度と日本には行かない」
……何があったんだ営業部長っ!
| 2005 Article | 2005.12.21 Wednesday | 14:29 | comments(9) |

年賀状に自転車のイラストを

年末恒例、年賀状書き。一般の知り合い用と自転車関係用で絵柄を分けようと思っていたのですが、それも面倒なので共通の絵柄にしてみました。一般用を考慮して、あまりハードな(笑)自転車ビジュアルにしていません。(ハードな自転車ビジュアル例:(1) ツールで拾ったお宝山盛りの画像、(2) 夫婦でお揃いのコメンサルにまたがり油山アタック、(3) ディスコクラブ☆USA☆のイラストなど。この中で一番ハードなのは間違いなく(2)。ビジュアル的にも体力的にも…笑)
それから来年1月中には新居に引越します。新しい住所のお知らせも兼ねてお世話になった方には年賀状をお送りします。ど、どうぞよろしく〜…。
| 2005 Article | 2005.12.20 Tuesday | 11:23 | comments(6) |

ロードレースはどこまでマイナースポーツなのか?


ロードレースはマイナーだ、とはよく聞く話ですが、果たしてどこまでマイナーなのか。客観的な数値を簡単にはじいてみました。方法は至って簡単。検索エンジンでヒットする件数で、みなさんの認知度(よく話題にのぼるとか)が量れるのでは。

で、図を参照くださいませ。上のグラフは日本におけるメジャースポーツ、野球とサッカーをロードレースと比べるために、このジャンルの世界最高峰(と仮にしておきます)と比較してます。野球だったらメジャーリーグ、サッカーだったらワールドカップ、ロードレースだったらツール・ド・フランスという具合に。結果は…1割未満ですか。まぁ想定の範囲内でしょうか。

下のグラフは世界三大スポーツ同士で比べてます。三大スポーツの中身は諸説いろいろありますが、オリンピック、ワールドカップまでは確実みたい。残る1枠がツールだったり、F1だったり、世界陸上だったり。で、0.5割ですか。ま、まぁ想定の範囲内かな。

検索するまではもっと少ない数値を想像していたので、ちょっと安心。乱暴なまとめで、10〜20人に1人ぐらいはツールのことを知っているということですかね。ただ、この中でさらに何割の人が日本のロードレースを知っているかというと、、、、
| 2005 Article | 2005.12.05 Monday | 12:55 | comments(16) |

一般アメリカ人に黄色ジャージの威力通じず

デイビット・ザブリスキーmasciclismoさんとこの記事参照。読んだ瞬間、ザブリスキーのはにかみながらうなだれている姿が脳裏に浮かんでしまいました。そーかぁ、ツールではアメリカ人の応援団も多かったし、本国での認知度も高まってきたのかなぁと思ってたのですが、まだまだですか。日本もそーなのかな?やっぱり野球、サッカーなんかな?観戦する立場でもマイナースポーツの悲しさは身をもって体験済みですが、選手の立場だったら尚更!どのスポーツも素晴らしいけれど、やっぱり商業的に成功しているスポーツしかメジャーになれないんですかね。ふぅ〜。だからそこをスポンサーのユニクロの力でですねぇtw…(またチームユニクロの妄想が始まった)
| 2005 Article | 2005.12.02 Friday | 16:55 | comments(7) |

ユニクロ、自転車チームのスポンサーに!

チームユニクロの服装自転車チームのスポンサ−になっていただけませんか、ユニクロさん。上から下まで1人チームユニクロ状態、というライダーは結構いると思いますよ(え?ウチだけ??)。安価で良質な服ということで全国的にも知名度は抜群ですし、海外(特にヨーロッパ)進出を視野に入れるなら自転車は最高の宣伝媒体ですよ。ボディテックシリーズやエアテックシリーズなど、庶民ライダーの強い味方になっております。そして独立採算できるよう店頭販売の自転車ウェアなどはそのまま自転車チームの運営に回していくとかすれば、チーム運営にも活気がでてきたりして。
…と、以前から目論んでいたことが、このニュースを読んで(チームブリヂストン・アンカー浅田監督が新チームのスポンサーを探しているらしい!)いっきに現実味を帯びてきた!…かも?
| 2005 Article | 2005.11.30 Wednesday | 11:32 | comments(8) |

別府史之(フミー)選手へ

別府史之(フミー)選手へ前回分のコメントの中で、別府選手が「サインするのってものすごい体力消耗する」ということで「フミのサインや写真を欲しがるだけじゃ応援してることにならんわけか。何か別のアピール方法を考えよう。」とコメント書きました、私。…舌の根も乾かないうちに新たにフミのサインをゲットしてしまいましたぁ!(実際はサイクルモードに行ったI氏が気を利かせてもらってきてくださったのだが)やっぱり貰えると嬉しいもんですね。えぇ。サインはプロ選手として活躍するからには避けて通れないんだろーなぁ。
たまには攻守一転、ファンからサインを貰ってみては?「オラに元気を分けてくれ!」とか言いながら。与えるばかりじゃ疲れるもんね〜。
ちなみにサインについて云々というのは、別府選手のこのブログより。
| 2005 Article | 2005.11.25 Friday | 13:50 | comments(5) |

アキバ系が好み?ダニーロ・ディルーカ公式サイト

アキバ系が好み?ダニーロ・ディルーカカピバラ姉さんのところで知ったのですが、なんですかアレは!(ディルーカの公式サイト。オープニングに注目)ヨーロッパでは日本の漫画が「オシャレでファッショナブル」に映っていると聞いた事ありますが、あれも彼一流の美意識だとしたら、、、しょ、しょーがない??う〜〜ん。にしてもヘタクソなアニメだな。あのサイトを作った会社も、まさかこれでディルーカ部長がオッケー出すとは思ってなかったんじゃ…。「えぇい、時間もないし、とりあえずこれをタタキ台にして話進めよう!」てなノリだったとしか思えない。「部長オッケーだってよ!マジぃ?(笑)」なんにしてもやばすぎるアニメーションですね。
| 2005 Article | 2005.11.21 Monday | 13:45 | comments(14) |

2006ジロ・デ・イタリアのプレゼンテーション

2006ジロ・デ・イタリアのプレゼンテーション来年のジロはスプリンター向けのステージが少ないようで、おペタさんが不満げらしいですね。これなら出たくない!とも?…という情報を、ちゃおちゃおさんのサイトで知ったわけですが、そのプレゼン時の選手の服装がホストのように見えるのは私の眼鏡が歪んでいるせいですかね?特にクネゴなど。どうでしょうか皆さん!
一般受けするホストとしてはバッソ(指名ナンバーワン)、ディルーカ、クネゴ、シモーニなど。マニア向けホストにチッポリーニ、ベッティーニ、コメッソなどでしょうか。画像一枚でこれだけ妄想がふくらんでしまうのは、きっとシーズンオフのせいに違いない。
| 2005 Article | 2005.11.16 Wednesday | 12:46 | comments(15) |

COMMENCAL(コメンサル)のロードを購入

COMMENCAL(コメンサル)のロードを購入
買っちゃいました。コメンサルのロードをっ!いよいよロード熱も本格的に?なんて思わないでください。観るのと乗るのは別。私しゃ観る方が好き。じゃあなんでロードなのか?…わかりません。気づいたらそうなってましたとしか…(汗)
【画像説明1】
・ボトルホルダー(正しくはボトルケージと呼ぶらしい)は人様からの貰い物。ありがたい!
・禁断のスタンド付きィ!(笑)主婦のマストアイテムですよ。
・ドロップじゃない分、ロード初心者には走りやすいフラットバー。



【画像説明2】
左:前にキャットアイのライトをつけ
中:後ろにもLEDライトを装着。
  よく見るとシートポストのコメンサルの頭文字が隠れています!
  ここまでサドルを下げられるのは想定の範囲外なんだろうか。
右;サドルに座って足が届く!本格的なロード乗りの人に怒られそう。

今まで乗っていたのがまがいなりにもマウンテンバイクだったので、初めてのロードにどきどき。多少の凹凸でハンドルがガタガタするのね!でもペダリングは軽〜い。たしかに走りやすいかも。

最後に。近所のスーパーに駐輪してある正統派主婦の自転車をパチリ。
前後カゴに日傘立て、おまけに前カゴには日焼け防止手袋が入っているのですよ…。

| 2005 Article | 2005.11.10 Thursday | 12:15 | comments(16) |
| 1/2 PAGES | >>