SPONSORED LINKS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2015.03.12 Thursday | | - |

パリ〜ツール:ベテランの勝利、FDJのゲドン勝利!

放送開始の時点で、すでに残り25km。早っ!逃げの5人になるまでにかなりのドラマがあったと思われ。途中の集団が中切れでバラバラになり、なんとツァベル、ボーネン、別府選手までリタイヤしちゃったとか。見たかったなぁこの場面っ。CSCのオグレ兄さんは、またまた悔し涙だし。余談ですが、表彰台のゲドン、ランス父さんに似てませんでした?帽子被った顔がそっくり!
ここまでの展開を大急ぎで説明する栗村監督。ゴールまで残り少ないということもありさらに焦る監督。でもネタは忘れない。先日のくりらじを聴いていたせいか、このしゃべり倒しはトイレに行く前兆か?とも思ってしまいましたが(笑)
| 2006 Other races | 2006.10.09 Monday | 14:22 | comments(17) |

チューリッヒ選手権:サンチェス勝利!

久々のクラシックレースですな。スタート前の映像でベッティーニが映った途端、夫婦で大笑いしてしまいました。まさかメットにすべてのカラーを集約させるとは…(笑)で、でっ!別府選手がぁぁ〜〜〜〜〜〜!インコの目にも涙。次のパリ〜ツールも期待してますっ。
途中から逃げに加わり、ずーっと脚を使ってるにも関わらず、まだ引くか!まだ追いつくか?カンチェラーラ!こんなにTT世界チャンピオンを酷使していーのかしら。優勝したサンチェスは好調ですね〜。ブエルタでもステージ優勝してるし、世界戦もいい働きしてたし。エウスカルテル期待のエースですね。
| 2006 Other races | 2006.10.02 Monday | 13:13 | comments(15) |

世界選手権エリート男子:ついにベッティーニがっ!

マジ泣きしました、このレース。いつも「ふふんっ」って感じのベッティーニが大泣きして叫んでもう大変。表彰台でのはじけっぷりに良かったねぇ〜と、涙。昨年悔しい思いをした分、今年はみっちり作戦を練ってきたんでしょうね。ディルーカがゴールした時にガッツポーズをしていたそうで(彼は普段そういうことはしないらしい)、イタリアの作戦勝ちなんでしょうね。おもしろいのが両脇の二人。そんな手の付けられない状態のベッティーニをやさしく祝福。そう、まるでお父さん(ツァベル)とお母さん(バルベルデ)が子供をあやすがごとく。それに比べ、先日のTT男子の表彰台は両脇がテンション低かったため、カンチェラーラ1人浮いてましたね(笑)
| 2006 Other races | 2006.09.25 Monday | 13:42 | comments(21) |

世界選手権エリート女子:女子のレースもおもしろい!

女子のロードレースを見るのはこれが初めてですが、男子に負けず劣らずおもしろい展開!イギリスのクックはヴィノクロフみたいに1人でガンガン行っちゃうし(笑)上体をぶんぶん揺らしながら行く姿は男前。優勝したヴォスは19歳っ?あの最後のスプリントは桁違いでしたね〜(汗)
で、男子のU23はテレビ放送なかったんですが、結果だけ聞くと新城選手がかなり健闘したとか!新城選手というと8月に行われたツール・ド・リムザンで新人賞を獲得して、その後のレースに参加した際に、他のプロチームの監督から声かけられまくりだったとか。コフィディス、エフデジュ、などなど…。「いくら出したらウチに来るか?」みたいなやり取りまであったとかっ!(笑)←いや、笑い事じゃないな、すごいことですねっ!詳しいことはくりらじさんでイイミワさんがレポートされてますよ☆(バックナンバーで9月16日分)
| 2006 Other races | 2006.09.24 Sunday | 10:03 | comments(2) |

世界選手権TT男子エリート:カンチェラーラすげっ!

カンチェラーラぶっちぎりすぎだー!この人、体格が昔よりゴツくなってません?後ろ姿がすごいんですけど。2位のザブリスキーがカンチェラーラがゴールするまで暫定トップでテレビに映されてましたが、相変わらずの脱力系で(笑)おもしろ顔までするしっ!3位のあの人はマシントラブルがあってもこの結果ですか…。ブエルタでのアスタナ祭りはまだ続行中だったんですね。「勝負は日曜日だから」みたいな発言も怖いわーー!TTでの3位はおまけなのかっ。表彰台で喜び全開のカンチェラーラの隣で、微妙な表情のザブが(笑)
| 2006 Other races | 2006.09.23 Saturday | 11:33 | comments(5) |

汗汗フェスタ2006 in 千畳敷(山口県長門市)

汗汗(かんかん)フェスタに参加しました。ダンナが。
初めて参加した大会ですが「とにかく良いレースだった」と家に到着するなり土産話をわんさか。
まずロケーションが最高。すぐ近くに海があって千畳敷と呼ばれる緑の平らな台地がメイン会場で、
そこで参加各人は自由にテントを設置してのびのびできるらしい。
スタート地点もスペシャライズドのタイヤゲート(?)みたいなのがあり、本物っぽい感じ。
果物も食べ放題で、補給地点では冷たい麦茶を持ってボランティアの人達が立っているそうな。
受け取った麦茶を頭からかぶる「一度はやってみたかった」ことまで実践できちゃったらしい。
とにかくボランティアの人達の働きが素晴らしかったそうですよ。

なぜ参加してない私がわざわざブログに載せるのかって?
地元が褒められるのはやっぱり嬉しいからですよ。ビバ山口県!
| 2006 Other races | 2006.08.08 Tuesday | 11:44 | comments(4) |

ファッテンファール・サイクラシックスはフレイレ勝利

フィリップ・ジルベール Philippe Gilbert途中の激坂すごかったですね!15%か〜〜。ここを4回も通過…ご苦労様です。ツールの余韻から抜け出せないでいるんですが、ワンデーレースもおもしろいですねやっぱり。めまぐるしく状況が変わるので目が離せない。アタック、吸収、アタック、吸収の繰り返し。ジルベール君もアタックして、その後タンタン(ウェーグマン)が追いついて合流。「おまたせ、一緒に行こうぜ!」と、ポンッとジルベールのお尻をタッチするタンタンに動揺するジルベール君。一匹狼の彼は同じ目的を持った人間であろうとも敵は敵。タンタンの仲間意識にちょっぴり対処に困った、、、かもしれない。あくまで妄想。
| 2006 Other races | 2006.07.31 Monday | 16:08 | comments(4) |

(5)別府史之選手を応援グッズ

別府史之選手、特製応援ウチワ理想と結果がピタリとはまった全日本選手権。しかし実際にレースを間近で見ていて、結果を出すというのは容易ではないと感じました。集団で走る選手、ちぎれた選手、そしてアタックする選手。どの選手も一様に顔が厳しい。特にラスト2周目からの別府選手の顔、非情に苦しそうだったのが印象的でした。沿道で応援するわれわれの方をチラリと見てうなづき(ように見えた)、さらにグイグイ踏み込む。ゴール後のインタビューではまだ苦しそうな表情が残ってたっけ。
表彰台前で選手の登場を待ちわびる我々の前を、すっと横切る別府選手。と、Bさんお手製のウチワを見てビクッ!!(笑)そして微妙な表情のまま表彰台に向かい一番高いところに登ったのでした。おめでとう!別府選手っ!!! 次は私も応援ウチワ作ろうっと(笑)
| 2006 Other races | 2006.06.28 Wednesday | 12:39 | comments(5) |

(4)ミスターダンディー、浅田顕監督

浅田顕監督と
雨の中、傘もささずにレースを見守る浅田監督。
レース終了後、他の方と撮影している姿を見て今だっ!と近づいて撮影依頼。
ものすごく緊張したのは言うまでもありません。
| 2006 Other races | 2006.06.26 Monday | 17:10 | comments(2) |

(3)働く男の後ろ姿、栗村修監督激写!

栗村修監督
終始、お忙しそうで声かけられず、、、、
| 2006 Other races | 2006.06.26 Monday | 17:03 | comments(0) |
| 1/3 PAGES | >>